ツール

『Coe Font STUDIO(コエフォントスタジオ)』誰でも無料で使える音声合成

『Coe Font STUDIO(コエフォントスタジオ)』とは?

  • 誰でも無料で利用可能な合成音声
  • 簡単な操作で非常に高精度な音声を出力
  • 画像素材は自由に利用可能

 

 

『Coe Font STUDIO(コエフォントスタジオ)』について

『Coe Font STUDIO(コエフォントスタジオ)』はあらゆるクリエイターに向けて公開された、無料の合成音声サービス。

簡単操作で誰でも利用できるうえ、ヤマハ株式会社の提供する『VOCALOID(ボーカロイド)』にも引けをとらない優れた音声が特徴です。

キャラクターデザインを担当したのは、凪白みと氏。

 

 

公式ホームページの使用例では、動画の音声からプレゼンスライドの読み上げなど、幅広い活用方法が期待できます。

また、「配信などで音声を利用可能か?」という質問が複数寄せられており、公式ツイッターでは、『Coe Font STUDIO』の利用が第三者にわかるのならば問題ないとの回答。

動画で使用する場合は動画内に表示せず、概要欄などに記載すれば平気かもしれませんね。

 

無料公開されている音声は“アリアル”と、“ミリアル”の2キャラクター

ミリアル

サービスが開始してから、無料で利用できる合成音声は「アリアル」と「ミリアル」。

アリアルは落ち着きのある少し低めの声が特徴です。女性らしいやや高めの声はミリアルと、しっかり住み分けされています。

しかし、ミリアルはまだ調整中なのか、選択するとプロトタイプの記載がありました。

それでも、精度が高いのは変わらずで、流暢な日本語を読み上げてくれます。

 

 

利用方法はとても単純で、最大200文字のテキストを入力するだけです。

人工知能が、自動的に日本語の正しい発音に近づけて直してくれます。

ただ、どのように入力しても、すべてひらがなで出力される仕様になっているうえ、「う」という文字が「ー」で変換されます。

 

 

読み方やアクセントは訂正可能なので、入力、視聴を繰り返して、理想の発音に直していくのが基本になります。

 

スポンサーリンク

 

幅広いブラウザーに対応

 

 

公式によると、推奨環境はパソコン版のChrome、Safari、FireFoxということです。

OSに関してはmacやWindowsを問わずに利用できるのは嬉しい点です。

また、スマートフォンからの入力・出力も可能になっています。作成した音声はダウンロード可能で、「WAV」拡張子で保存されます。

容量は少し高めなので、注意したほうが良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

◇ 参考URL

CoeFont STUDIO

 

 

-ツール
-, ,

© 2021 とまブロ!