ツール

『ALVO (アルボ)』アフィリエイトブログや法人向けの記事制作代行サービス

『ALVO (アルボ)』とは?

『ALVO (アルボ)』はアフィリエイターや法人向けメディアブログの記事制作を専門にしたサービスです。

多くのネットワーカー向けプラットフォームが存在する中、一定のライティング基準を満たすライターの確保は徐々に難しいものになってきました。

在宅ワークの増加に伴って、副業を生業とする人も増えたのが原因と考えられます。

今、クライアントが質の高いライターを雇うとするならば、【字数×〜円】の単価を上げる必要があるでしょう。

しかし、高い単価を設定したからスキルの高い人と契約できるかは分かりません。

そこで『ALVO (アルボ)』は、信頼できるレベルのライターを3段階に分けて、クライアントのニーズに応えます。

 


 

『ALVO (アルボ)』を使うメリットとは?

ライター外注を専門にしたサービスに特化しています。

例えば、ライターの実力を3つに分けてそれぞれに平均単価を設定。

  • 【ブロンズ】字数×1.5円〜
  • 【シルバー】字数×3.0円〜
  • 【ゴールド】字数×4.5円〜

最低単価を決めておけば、クライアント側は予算も決めやすく、記事の品質にも説得性が持てるでしょう。

また、発注した場合には専任の担当者が、発注から納品までをサポートしてくれます。つまり、記事の制作代行を利用したことがない場合でも、安心して利用できるのです。

また、発注の初回平均単価は30,000円です。

多くの仕事を発注できるクラウドソーシングは、参入するライターのレベルも千差万別。

高単価の案件でプロのライターと契約できるかは、全てクライアントが見極めなければなりません。

だからこそ、ライターの能力を評価している制作作代サービスは、それだけでメリットになっています。

 


 

『ALVO (アルボ)』の特徴

発注後は担当者がライターに代わり、メールで細い要望をヒアリングしてくれます。

直接個人とやりとりを行う必要が無いので、一般的なマナーから外れたような人と関わる場合も少なく、安心して仕事を依頼できます。

『ALVO (アルボ)』記事作成の特徴

  1. 基準になる文字単価は1.5円〜。記事制作代行を専門にしているので他社と比較しても低単価。
  2. WordPressで運営されているメディアは、専用フォーマットで入稿作業も不要。
  3. 『ALVO (アルボ)』独自のコピペチェックを行い、コピペ記事納品の心配も無用。
  4. クライアント側の要望に応じ、キーワード選定の代行もOK。

 


 

-ツール
-

© 2021 とまブロ!