SEO対策

ウェブサイトの記事に求められる品質や文字数とは?

ウェブサイトのページで求められる”質”について

  • 検索順位に影響するページの基準
  • Googleが求めるのは”興味深く有益なサイト”
  • ”文字数”と検索順位の関係性

 

 

良質な記事や高品質なコンテンツとは何を指すのか?

インターネットから顧客の新規獲得を狙う企業や、アフィリエイトビジネスに挑戦するユーザーは、少しでも検索順位を上げようとSEO対策に日々頭を悩ませているものです。

Googleとしても自社の検索エンジンに、正しい情報表示がされることを目指し、定期的なアルゴリズムのアップデート(※ 「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」と呼ばれるもの)を行っています。

SEO対策を行うにあたって情報収集をしていると、”良質な記事””高品質なコンテンツ”というフレーズを目にすることがあります。

これらは具体的にどのようなものを指すのでしょうか?

 

Googleが提供している「SEOスターターガイド」によると、1つのテーマが見つかりました。

Googleが求めるコンテンツ

  • ”読者が求めているものを把握して提供する”

これだけでは象徴的で分かりにくいですよね。

少し砕いた表現で解説してみます。

 

読者が求めるものを提供する=”興味深く有益なサイト”

Googleに求められるのは、読者が求めているコンテンツが提供されている点です。

これを簡単に言い換えるなら、Q&Aの”A”にあたる部分でしょう。

検索エンジンといわれるように、利用者が情報を検索するシステムなので、当然かもしれませんね。

つまり、膨大な情報を取り扱う辞書といっても過言ではないのです。

それではウェブサイトは辞書の何にあたるでしょうか?

 

ずばりページですよね。

厳密には匿名性のある、編集可能なページです。

故に、世間一般的には正しいとされる情報が明記されなければなりません。

”読者が求めているものを把握して提供する”。これを砕いて表現するならば、良質な記事の定義とは下記のように考えられます。

大多数の読者が満足する答えが提供されているページ。

ここからさらに掘り下げてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

読者が興味深い、有益と感じられるページについて

Googleの言葉をそのまま引用するならば、”興味深く有益なサイト”は「人を引きつける有益なコンテンツ」があるサイト。

原点に立ち返り、【興味深い】の言葉の意味から考えてみましょう。

[形][文]きょうみぶか・し[ク]おもしろくて気持ちひきつけられるさま。非常に興味があるさま。「事件の―・い展開」

引用:興味深いとは - Weblio辞書

続いて【有益】の意味です。

[名・形動利益があること。ためになること。また、そのさま。「有益なアドバイス」「夏休みを有益に使う」⇔無益

引用:有益とは - Weblio辞書

日本語として正しく要約すれば、読者に利益をもたらし、面白いと感じて貰える中身があるサイトです。

確かに面白い上に利益をもたらしてくれるのであれば、人は自然に惹きつけられますね。

どうやら検索エンジンからの評価だけではなく、世間からのアナログな評判や口コミにも直結するようです。

 

Googleは記事を作成にする際、おすすめの方法について紹介しています。

Googleのおすすめする方法

  • 文章は正しく、綴りや文法に気をつける
  • テキストコンテンツに合わせた画像を用いる
  • トピックを分かりやすく整理する
  • 段落や見出しを分けてレイアウトを分ける
  • 1つのページに、適度なトピックとテキストを載せる
  • 読者が新鮮だと感じられる独自のコンテンツを作る

引用元のページでは避けるべき方法として紹介されています。

ここでは逆の意味やほぼ近い意味の表現にしてまとめてみました。

 

記事の網羅性=”文字数”と検索エンジンの因果関係について

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏は、2021年2月26日の動画で、ウェブサイトの記事における網羅性について、ユーザーへの質疑応答に回答をしました。

ここで題材として取り上げられたのは【コンテンツの品質は単語数に関連しているか】です。

ミューラー氏は下記のように答えています。

 

「"私たちの視点では、ページの文字数は品質の要素ではなく、ランキングの要素ではありません。

だからやみくもにテキストをどんどん追加しても ページをより良くすることはできません"」

参考:DeepL

「"何かを紹介したいと思ったときには、1ページか2ページのパンフレットを渡すか、あるいは巨大な情報の本を渡すかのようなものです。

多くの情報が詰まった本を求める場合もあれば、短いものを求める場合もあります。また、短くて甘いものを求めている場合もあります。

これは検索と似ています。

もしあなたがインデックスを作成するために必要な情報を持っているのであれば...ユーザーとGooglebotがこのページが何についてのページなのか、何を達成しようとしているのかを理解できるように、短いバージョンであれば...短いバージョンのままで構いません。

やみくもにテキストを追加するだけでは、ページをより良くすることはできません。"」

参考:DeepL

 

ミューラー氏の話を参考にすると、つまりこうです。

  • 文字数は検索順位を上げる要素ではない
  • ユーザーとGooglebotがページの中身を把握でき、どんな意図があるのか理解できるようするべき
  • 短い文章は別にそのままでも良い

ウェブライティングで文字数を意識するのは最早ただの力業ということでしょう。

確かに短い文章でも検索上位へと食い込むページがあります。

辞書としての役割に特化しているサイトなので、セールス用のLPやブログ記事とは一概に比較できません。

それでもGoogleが望ましいとしている「人を引きつける有益なコンテンツ」に当てはまると考えられます。

決して面白いページではないものの、言葉の意味を知りたがるユーザーが多いのは事実。

中身を詰めて言葉の意味を説明するより、シンプルに言葉の意味と使い方を短く表現するページが、評価されているのはミューラー氏の発言そのままです。

結果的に人を引きつけるコンテンツとしての役割が果たせています。

Googleの検索順位と被リンク

Googleの検索順位と被リンクついて Google検索の順位には複数の要因がある 検索順位に影響の大きいものは”被リン ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

まとめ

興味が惹かれる有益なコンテンツの定義から、記事の文字数についてまで、今一度学び直す機会になりました。

特に意外だったのはやはり”文字数”でしょうか。

クラウドワークスの案件を引き受けると、「文字数は最低でも3,000~5,000字以上」との指定が多いです。

また、コンテンツの内容よりも、キーワードの出現率と字数ばかり気にするクライアントが多いのも事実。

ただ、書き手として仕事をするときは、決められた文字数とキーワードを用い、読者に寄り添ったコンテンツ創りを心掛けていくだけです。

僕自身これからも精進を続けなければと、意欲的に考えさせられました。

 

◇ 参考URL

SEO スターター ガイド: 基本 | Google 検索セントラル | Google Developers

興味深いとは - Weblio辞書

有益とは - Weblio辞書

Google Says Word Count Not a Quality Factor

-SEO対策
-,

© 2021 とまブロ!