『ALVO (アルボ)』アフィリエイトブログや法人向けの記事制作代行サービス

『ALVO (アルボ)』とは?

『ALVO (アルボ)』はアフィリエイターや法人向けメディアブログの記事制作を専門にしたサービスです。

多くのネットワーカー向けプラットフォームが存在する中、一定のライティング基準を満たすライターの確保は徐々に難しいものになってきました。

在宅ワークの増加に伴って、副業を生業とする人も増えたのが原因と考えられます。

今、クライアントが質の高いライターを雇うとするならば、【字数×〜円】の単価を上げる必要があるでしょう。

しかし、高い単価を設定したからスキルの高い人と契約できるかは分かりません。

そこで『ALVO (アルボ)』は、信頼できるレベルのライターを3段階に分けて、クライアントのニーズに応えます。

 


 

『ALVO (アルボ)』を使うメリットとは?

ライター外注を専門にしたサービスに特化しています。

例えば、ライターの実力を3つに分けてそれぞれに平均単価を設定。

  • 【ブロンズ】字数×1.5円〜
  • 【シルバー】字数×3.0円〜
  • 【ゴールド】字数×4.5円〜

最低単価を決めておけば、クライアント側は予算も決めやすく、記事の品質にも説得性が持てるでしょう。

また、発注した場合には専任の担当者が、発注から納品までをサポートしてくれます。つまり、記事の制作代行を利用したことがない場合でも、安心して利用できるのです。

また、発注の初回平均単価は30,000円です。

多くの仕事を発注できるクラウドソーシングは、参入するライターのレベルも千差万別。

高単価の案件でプロのライターと契約できるかは、全てクライアントが見極めなければなりません。

だからこそ、ライターの能力を評価している制作作代サービスは、それだけでメリットになっています。

 


 

『ALVO (アルボ)』の特徴

発注後は担当者がライターに代わり、メールで細い要望をヒアリングしてくれます。

直接個人とやりとりを行う必要が無いので、一般的なマナーから外れたような人と関わる場合も少なく、安心して仕事を依頼できます。

[st-mybox title=”『ALVO (アルボ)』記事作成の特徴” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#81d742″ bordercolor=”#81d742″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  1. 基準になる文字単価は1.5円〜。記事制作代行を専門にしているので他社と比較しても低単価。
  2. WordPressで運営されているメディアは、専用フォーマットで入稿作業も不要。
  3. 『ALVO (アルボ)』独自のコピペチェックを行い、コピペ記事納品の心配も無用。
  4. クライアント側の要望に応じ、キーワード選定の代行もOK。

[/st-mybox]

 


 

「偏見」は人生をつまらなくさせる

世の中には“インフルエンサー”と呼ばれる、大きな影響力を生み出す人がいる。

彼らの中には大衆の共感を誘う発言に添えて、まるでそれが絶対的な真理であるかのような、独自の考えを発信する者も。

これが拡散されると、多くの熱狂的で信仰深いファンを作り出す。
実に見事な手腕だと思うし、無名の頃から地道な努力を積み重ねてきた、まさしく努力の賜物といえよう。

一方、この異様な光景は古来より昔、それが当たり前のことだった、神への信仰に近いものを感じるときがある。
まるで、デルフォイの神殿で神託を授かる、古代ギリシャ人たちを彷彿とさせるようだ。

インフルエンサーの発言が、デルフォイの神託であり、フォロワーやファンの人たちが、熱心な神論者である。

ただ、発信している情報が、道徳的に真の有益とする人も多い。
中には目から鱗ともいえる、斬新なアイディアがあったりするかもしれない。

SNSでフォローしている人たちが、何か社会的な問題や時事に触れたとき、人は自分なりの考えを持って、彼らの発言を受け止めているだろうか。

多くの人たちは、道徳的に最もらしい発言だと感じれば、「間違いない」と感じて思考をやめる。
結果的に、目の前の問題に対して自分自身で思考せず、誰かが発信した意見を自分の物にしてしまうのである。

その方が遥かに楽ではあるし、自分への反対意見や、心無い言葉の暴力で傷つくリスクもない。

人は誰しも不快な思いはしたくないし、傷つきたくないのだ。
だが、これらの行動は如何なものか。

あなた自身の物事の考え方は、いつかあなたが支持している者たちの考え方に置き換わってはいないか。

SNSでよく見受けられるのは、大多数の人間が面白おかしく政治や事件を批判している流れに乗っかることだ。

同調圧力がそうさせるのか、自己の判断力が低下しているのか、恐らくはそのどちらも当てはまるだろう。

きっとこの集まりに参加する理由の大多数は「盛り上がっているから」「何となく」「面白そう」という、悪意なきものである。

このときの同調する一体感は、人に快楽を与え、やがて個々の深層心理に根を伸ばす。
そうして、やがてはあらゆる事柄に対して「偏見」を持っていくのだ。

それは究極的に事実を知ろうとしない、知りたくもない、そんな気持ちを生み出して、他者を否定しやすい人格を形成していく。

間違いなく、自分の人生をつまらないものにさせてしまうだろう。

他者の意見と己の思考を比べ、あるいは取捨選択し、唯一無二のアイディアへと昇華させていく。
これが人間だけに許された、至高の喜びの一つではないのだろうか。

思考は自由であるならば、一方通行な偏った物の見方は好ましくないと伝えたい。

イラストやバナー制作、動画編集から翻訳は『coconara(ココナラ)』

『coconara(ココナラ)』とは?

『coconara(ココナラ)』はさまざまなスキルの取引を行えるオンラインプラットフォーム。

日本国政府は2018年1月に「働き方改革」を掲げた「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を策定しました。

「活躍できる場所を増やしたい」「さまざまな業界に触れてみたい」「時間を友好的に活用したい」など、ニーズはさまざまですが、副業・兼業の考え方は年々増加傾向にあります。

このサービスの目的は、“仕事を頼みたい人×仕事を受けたい人”をオンラインで実現させるもの。

コロナウィルスへの対策として、「新しい生活様式」が実施されました。

それに起因するようにテレワークの推進やオンラインでのやり取りは活発的になり、自分の仕事を自分で請け負うユーザーが増えているのです。

“オンライン受発注”は各所から注目されており、これからの働き方に必要不可欠なのものになっていくと考えられます。

また、利用者は主婦の方から働き盛りのビジネスパーソン、フリーランスで活躍しているエンジニアやイラストレーターなど、幅広い層の人達が活躍しています。

 

 

『coconara(ココナラ)』を使うメリットとは?

『coconara(ココナラ)』を使うメリットはたくさんあります。

例えば“個人事業主からフリーランスの方まで直接取り引き”ができます。

中には大手企業から独立を考えているような優秀なエンジニアたちも…。

さらに、“仕事の依頼から検討、納品に至るまですべてインターネットで完結”します。

忙しくて中々時間が取れない場合でも、チャット上で簡単にやり取りができるのです。

また、「プライベートで仕事を頼みたい」「ちょっとした業務を委託したい」そんなニーズに応えられるのは『coconara(ココナラ)』の強みと言えるでしょう。

 

 

どんな仕事を依頼できる?

『coconara(ココナラ)』で依頼できる仕事は他社と比べても非常に幅が広いです。

イラスト制作からLive2Dのキャラクターモデリング、LINEスタンプの制作代行、音楽・動画編集、WEB制作やIT・プログラムミング、翻訳の仕事など多岐に渡ります。

[st-mybox title=”依頼できる仕事の一例” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#81d742″ bordercolor=”#81d742″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • SNSやTwitterのアイコン、キャラクター作成/2D・3Dモデリング
  • 法人ロゴ/YouTubeヘッダー/チラシデザイン/名刺デザイン
  • 動画広告/結婚式ムービー/YouTubeサムネ作成/アニメーション制作作詞作曲
  • セリフ読み上げ/オンラインボーカルレッスン/音声ガイダンス 
  • ホームページ制作/ECサイト構築/WordPressカスタマイズ
  • ブログ記事作成/キャッチコピー提案/文章リライト
  • 外国語文翻訳/オンライン語学レッスン
  • VBA開発/サーバー構築/アプリ開発

[/st-mybox]

 

 

『coconara(ココナラ)』の評判

ここでは『coconara(ココナラ)』の評判を調べてみました。

フリーランスで自分のポートフォリオを充実させるために、クオリティの高い成果物を創るユーザーが多い印象です。

中には造園や士業など、かなり実務的なスキルを提供しているユーザーもいました。

 

 

 

集めた情報から“タイトル”を決める

こんな方におすすめ!

  • 文章の題材で悩む人
  • 集めた情報から記事の流れが想像できない人
  • タイトルの作り方がわからない人

 

 

 

集めた情報からタイトルを決めていこう

中身の詰まった記事を作るためにはまず、文章の流れという土台を築く必要があります。

記事を書くためにあらかじめコンテンツの方向性を決めておく。

フレームワークを軸に情報収集と情報の整理を行う。

①と②で土台作りをしたら、ようやくここでタイトルや見出しを決められます。

書き馴れてくると①で大まかなテーマを決めているので、②の作業と並行しながら考えられるようになれるでしょう。

 

コンテンツの方向性を再確認したらテーマをつくる

タイトルや見出しを決める前に、もう一度①の方向性を確認します。

既にぼんやりとしたテーマを書き出していれば、集めてきた“情報だけ”を整理してテーマをつくります。

方向性を再確認すると、記事の目的と書く意識がよりクッキリと見えてくるのでとても重要です。

実際にテーマをつくる流れを具体的な例にしてみました。

[st-mybox title=”例)” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#81d742″ bordercolor=”#81d742″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

《1.コンテンツの方向性を再確認する》

 “都内の水族館でトークイベントが開催されるのでそれを記事にしたい”

 

《2.方向性ベースに集めてきた情報を整理する》

  • 【Who(誰が)=“女優の〇〇”】
  • 【What(何を)=“トークイベント”】
  • 【When(いつ)=“〇年8月24日”】
  • 【Where(どこで)=“しながわ水族館”
  • 【Why(なぜ)=“水族館を題材にしたTVドラマの宣伝”】
  • 【How(どうやって)=“抽選で当選した40名のみ”】

 

《3.整理した情報群からテーマをつくる》

〇年8月24日女優の〇〇しながわ水族館にて抽選で当選した40名のみを対象に、水族館を題材にしたTVドラマの宣伝トークイベントを開催』

 

[/st-mybox]

いかがでしょうか。

この時点では文字数67字と長めです。

ここからテーマのブラッシュアップを行い、字数を半分以下に抑えたタイトルへと完成度を上げていくのです。

 

[adsense]

 

テーマから記事のタイトルをつくろう

出来上がったテーマから最低限重要なキーワードを残してタイトルをつくります。

テーマの時点で字数が短ければ、書き方や文言の順番を変える工夫で十分使用できるはずです。

メディア媒体によっては記事のタイトルに求めているコンセプトがあったりします。

事前にレギュレーション確認や担当者に提案しておく必要があるでしょう。

 

実際に前項で作ったテーマを基に幾つか作ってみます。

[st-mybox title=”例)” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#81d742″ bordercolor=”#81d742″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

『〇年8月24日、女優の〇〇がしながわ水族館にて抽選で当選した40名のみを対象に、水族館を題材にしたTVドラマの宣伝トークイベントを開催』

  • 『人気女優〇〇がTVドラマのトークイベントをしながわ水族館で開催』
  • 『TVドラマ〇〇の主演女優〇〇、限定トークイベントを開催!』
  • 『女優〇〇、TVドラマのトークイベントをしながわ水族館で』
  • 『しながわ水族館で女優〇〇による限定トークショー』

[/st-mybox]

このようにタイトルをつくろうと思えば好きなだけ作れてしまうのです。

そして、どのような言い回しが正解になるかは誰にも分かりません。

書き出したタイトルに何を求めるかでどのようにも変化するのが面白いところでもあるのです。

仕事などでクライアント側から指定がなければ、最初のうちは複数の提案から選んで貰うのがおすすめでしょう。

個人ブログであれば好きなタイトルをつけてみて、後から気になる部分を変えてみても良いかもしれません。

 

ポイントは情報収集した中でも特に重要なキーワードについてです。

キーワードは言い回しを変えたり、プラスαで他の情報を足しても大丈夫です。

ただし、組み立てたテーマと比べて伝えたいことの本質と相違があってはいけません。

 

ウェブサイトの記事に求められる品質や文字数とは?

ウェブサイトのページで求められる”質”について

  • 検索順位に影響するページの基準
  • Googleが求めるのは”興味深く有益なサイト”
  • ”文字数”と検索順位の関係性

 

 

良質な記事や高品質なコンテンツとは何を指すのか?

インターネットから顧客の新規獲得を狙う企業や、アフィリエイトビジネスに挑戦するユーザーは、少しでも検索順位を上げようとSEO対策に日々頭を悩ませているものです。

Googleとしても自社の検索エンジンに、正しい情報表示がされることを目指し、定期的なアルゴリズムのアップデート(※ 「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」と呼ばれるもの)を行っています。

SEO対策を行うにあたって情報収集をしていると、”良質な記事””高品質なコンテンツ”というフレーズを目にすることがあります。

これらは具体的にどのようなものを指すのでしょうか?

 

Googleが提供している「SEOスターターガイド」によると、1つのテーマが見つかりました。

[st-mybox title=”Googleが求めるコンテンツ” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#81d742″ bordercolor=”#81d742″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • ”読者が求めているものを把握して提供する”

[/st-mybox]

これだけでは象徴的で分かりにくいですよね。

少し砕いた表現で解説してみます。

 

読者が求めるものを提供する=”興味深く有益なサイト”

Googleに求められるのは、読者が求めているコンテンツが提供されている点です。

これを簡単に言い換えるなら、Q&Aの”A”にあたる部分でしょう。

検索エンジンといわれるように、利用者が情報を検索するシステムなので、当然かもしれませんね。

つまり、膨大な情報を取り扱う辞書といっても過言ではないのです。

それではウェブサイトは辞書の何にあたるでしょうか?

 

ずばりページですよね。

厳密には匿名性のある、編集可能なページです。

故に、世間一般的には正しいとされる情報が明記されなければなりません。

”読者が求めているものを把握して提供する”。これを砕いて表現するならば、良質な記事の定義とは下記のように考えられます。

大多数の読者が満足する答えが提供されているページ。

ここからさらに掘り下げてみましょう。

 

[adsense]

 

読者が興味深い、有益と感じられるページについて

Googleの言葉をそのまま引用するならば、”興味深く有益なサイト”は「人を引きつける有益なコンテンツ」があるサイト。

原点に立ち返り、【興味深い】の言葉の意味から考えてみましょう。

[形][文]きょうみぶか・し[ク]おもしろくて気持ちひきつけられるさま。非常に興味があるさま。「事件の―・い展開」

引用:興味深いとは – Weblio辞書

続いて【有益】の意味です。

[名・形動利益があること。ためになること。また、そのさま。「有益なアドバイス」「夏休みを有益に使う」⇔無益

引用:有益とは – Weblio辞書

日本語として正しく要約すれば、読者に利益をもたらし、面白いと感じて貰える中身があるサイトです。

確かに面白い上に利益をもたらしてくれるのであれば、人は自然に惹きつけられますね。

どうやら検索エンジンからの評価だけではなく、世間からのアナログな評判や口コミにも直結するようです。

 

Googleは記事を作成にする際、おすすめの方法について紹介しています。

[st-mybox title=”Googleのおすすめする方法” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#81d742″ bordercolor=”#81d742″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 文章は正しく、綴りや文法に気をつける
  • テキストコンテンツに合わせた画像を用いる
  • トピックを分かりやすく整理する
  • 段落や見出しを分けてレイアウトを分ける
  • 1つのページに、適度なトピックとテキストを載せる
  • 読者が新鮮だと感じられる独自のコンテンツを作る

[/st-mybox]

引用元のページでは避けるべき方法として紹介されています。

ここでは逆の意味やほぼ近い意味の表現にしてまとめてみました。

 

記事の網羅性=”文字数”と検索エンジンの因果関係について

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏は、2021年2月26日の動画で、ウェブサイトの記事における網羅性について、ユーザーへの質疑応答に回答をしました。

ここで題材として取り上げられたのは【コンテンツの品質は単語数に関連しているか】です。

ミューラー氏は下記のように答えています。

 

「”私たちの視点では、ページの文字数は品質の要素ではなく、ランキングの要素ではありません。

だからやみくもにテキストをどんどん追加しても ページをより良くすることはできません”」

参考:DeepL

「”何かを紹介したいと思ったときには、1ページか2ページのパンフレットを渡すか、あるいは巨大な情報の本を渡すかのようなものです。

多くの情報が詰まった本を求める場合もあれば、短いものを求める場合もあります。また、短くて甘いものを求めている場合もあります。

これは検索と似ています。

もしあなたがインデックスを作成するために必要な情報を持っているのであれば…ユーザーとGooglebotがこのページが何についてのページなのか、何を達成しようとしているのかを理解できるように、短いバージョンであれば…短いバージョンのままで構いません。

やみくもにテキストを追加するだけでは、ページをより良くすることはできません。”」

参考:DeepL

 

ミューラー氏の話を参考にすると、つまりこうです。

  • 文字数は検索順位を上げる要素ではない
  • ユーザーとGooglebotがページの中身を把握でき、どんな意図があるのか理解できるようするべき
  • 短い文章は別にそのままでも良い

ウェブライティングで文字数を意識するのは最早ただの力業ということでしょう。

確かに短い文章でも検索上位へと食い込むページがあります。

辞書としての役割に特化しているサイトなので、セールス用のLPやブログ記事とは一概に比較できません。

それでもGoogleが望ましいとしている「人を引きつける有益なコンテンツ」に当てはまると考えられます。

決して面白いページではないものの、言葉の意味を知りたがるユーザーが多いのは事実。

中身を詰めて言葉の意味を説明するより、シンプルに言葉の意味と使い方を短く表現するページが、評価されているのはミューラー氏の発言そのままです。

結果的に人を引きつけるコンテンツとしての役割が果たせています。

[st-card myclass=”” id=”3946″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

 

[adsense]

 

まとめ

興味が惹かれる有益なコンテンツの定義から、記事の文字数についてまで、今一度学び直す機会になりました。

特に意外だったのはやはり”文字数”でしょうか。

クラウドワークスの案件を引き受けると、「文字数は最低でも3,000~5,000字以上」との指定が多いです。

また、コンテンツの内容よりも、キーワードの出現率と字数ばかり気にするクライアントが多いのも事実。

ただ、書き手として仕事をするときは、決められた文字数とキーワードを用い、読者に寄り添ったコンテンツ創りを心掛けていくだけです。

僕自身これからも精進を続けなければと、意欲的に考えさせられました。

 

◇ 参考URL

SEO スターター ガイド: 基本 | Google 検索セントラル | Google Developers

興味深いとは – Weblio辞書

有益とは – Weblio辞書

Google Says Word Count Not a Quality Factor

文章を書く前には情報を集めておこう

こんな方におすすめ!

  • ブログや日記で文章を書くときに、何から書こうか悩みがちな人
  • 伝えたい情報を上手く文章にできない人
  • ニュース番組が好きな人

 

 

 

”情報”は文章を構成する素材

 

文章を書こうと考えたとき、「何から書けばいいのだろう?」

こうやって途方に暮れてしまう方、割といますよね。

「自分は普段から文章なんて書かないから…」そう嘆く人もいます。

ですが、逆に普段から文章をあまり書かない人でも、スラスラと書けてしまう人だっているんです。

両者の差とは一体何なのでしょうか?

 

それは、”情報収集をしっかり行っているか”ということです。

よくよく考えてみたら当たり前のことです。

何故なら文章とは、相手に伝えるべき”情報の集合体”だからです。

 

あなたは話がとても面白い上に、ネタのレパートリーが豊富な人を見かけたことがありませんか?

テレビでよく見るお笑い芸人の人たちも、日頃の日常生活で面白いネタを常に探しているといいます。

それは結局、「相手に面白い情報を伝えたい!」そんな目的があるから、情報を集めているのです。

また、日頃から情報収集を怠らない人は言葉の使い方など、ボキャブラリーが豊富だったりします。

スラスラと文章を書ける人、そうでない人を分けているのは、情報収集をしているか、そうでないかの違いにあるのです。

 

[adsense]

 

集めた情報を5W1Hに当てはめてみる

[st-mybox title=”5W1H” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#81d742″ bordercolor=”#81d742″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • Who(誰が)
  • What(何を)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Why(なぜ)
  • How(どうやって)

[/st-mybox]

情報収集を行う基準ですが、これは”5W1Hの鉄則”を参考にするのがおすすめです。

5W1Hといえば、ビジネスの基本原則として非常に有名なフレームワークですよね。

実は知らない人も大勢いますが、この言葉はニュース記事を書くときの基本原則でもあります。

ニュースは情報伝達のプロフェッショナルたちが、世の中の出来事を誰にでも伝わりやすく報道することです。

すなわち、プロが大切している基準に合わせれば、相手が最低限理解できる程度の情報は集められるのです。

 

5W1Hを基準にしておくと、”カラーバス効果”で情報収集力も養われます。

カラーバス効果とは、ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の手元にたくさん集まるようになる現象のこと。 カラーバスは「color(色)」を「bath(浴びる)」、つまり色の認知に由来するが、色に限らず、言葉やイメージ、モノなど、意識するあらゆる事象に対して起きるとされる。

引用:カラーバス効果とは 意味/解説 – シマウマ用語集

さらに、5W1Hは集めた情報を整理するのにも有効。

手元の資料などから5W1Hのフィルターにかけて、情報を抽出できるのです。

そうすると、伝えるべき事柄が徐々に鮮明になります。

 

この手法はニュースサイトの『Natalie(ナタリー)』で有名な、株式会社ナターシャの取締役 唐木 元(からき げん)氏も徹底している方法です。

”文章を書く”これは最初のうちこそ戸惑うことが多いかもしれません。

慣れないからこそ報道の基本原則を理解し、形から実践してみてはいかがでしょうか。