雑記・日記

たまたま見つけてしまった奇妙なサイト3選

奇妙なWEBサイトについて

  • ブログのネタ探し途中に見つけてしまったウェブサイトたち
  • どのような意図があるのか一切不明
  • とりあえず奇抜で個性的

 

『111...etc....com』

一つ目の奇妙なサイトです。

正式名称は『111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111.com』です。

もはやドメインから意味不明です。

サイトにアクセスするなり「Go to Rupert Murdoch's Myspace to be my Friend」とポップアップ表示が出てきました。

Rupert Murdoch's(ルパート・マードック)はアメリカの大物実業家です。

しかし、このサイトの制作者がアピールしたいのは、アーノルド・シュワルツェネッガーとセーラームーンの組み合せ”アーノルド・セーラームーンネッガー”のようです。

左上の女性(犬?)の顔にマウスカーソルを合わせると「HOLY PLASZLC BEEFY」の文字が出てきます。

アーノルド・セーラーマーキュリー(?)に合わせると「激心愛を」と表示され中々に意味不明。

隣にいるアーノルド・セーラージュピター(?)では、銃口を向けたアーノルド・シュワルツェネッガーが「PUMP IT UP!」の文字共に出現します。

ゆうた
出だしからかなり個性的なサイトです

 

『CAT BOUNCE』

CAT BOUNCE
引用:CAT BOUNCE!

二つ目の奇妙なサイトはわざわざスマートフォンのレスポンシブデザインに対応した『CAT BOUNCE』です。

こちらは猫が画面の中で”ただ跳ねている”の楽しむだけのサイトだと推測されます。

CAT BOUNCE
引用:CAT BOUNCE!

猫たちはドラッグすることで、画面上の好きな場所に移動できます。

CAT BOUNCE
引用:CAT BOUNCE!

ドラッグしたまま加速をつけて離すと縦横無尽に猫がバウンドします。

CAT BOUNCE
引用:CAT BOUNCE!

サイト画面の右上にある「MAKE IT RAIN」をクリックすると…

CAT BOUNCE
引用:CAT BOUNCE!

ピアノの軽快なSE音と共に画面の上から無数の猫達が降り注いできます。

引用:CAT BOUNCE!

サイト左上の【?】をクリックするとポップアップが表示され、一部の猫はバウンド力が強めに設定されていることが分かりました。

ポップアップからアクセスできるページには『CAT BOUNCE』を作った経緯や理由が語られています。

ちなみに『CAT BOUNCE』は2019年の『The Webby People's Voice Award for Weirdest Website』(奇妙なサイト部門)を受賞しているようです。

中々クリエイティブ(?)だと思います。

 

『BeesBeesBees』

『BeesBeesBees』は、今回紹介してきた奇妙なサイトの中で最も意味不明なサイトです。

どうやら海外のテレビ番組のワンシーンを編集したようにも見えます。

白いボックスが開いた後、無数のミツバチ達がスタジオ内を飛び回り出し「BEES!!!」の文字が表示されます。

司会進行役らしき女性と男性は大喜びし、ステージを見ている女性客は泣き出してしまいます。

ホームページの何処かにリンクが隠されているわけでもなく、延々とこの映像が流れ続けます。

また、映像はGIFファイルなので保存することができます。

スポンサーリンク

 

◇ 参考URL

Arnold Sailormoonegger: Because Washington Is Hollywood For Ugly People! Kahlifornia!

CAT BOUNCE!

beesbeesbees.com

-雑記・日記
-

© 2021 とまブロ!