コラム

なぜ人は「哲学」に魅入られるのか

『考える』

地球上においては人が最も力を発揮できる習性だ。

人類は歴史の中で数々の学問を開拓し、その研究を重ねてきている。

人が生きるために学問は必要なもので、なくてはならない。

そして知識の探究と積み重ねは、人を地球の外にまで進出させたのだ。

古来より数多くの学問が存在しているが、中でも特に大衆を惹きつけるのは「哲学」かもしれない。

何かを学ぶにしても、大概はどこかで哲学と結びつく。
「徳」とは?「正義」とは?「生きる意味」とは?などだ。

思うに、人類が始祖から進化を遂げた後、狩りや農耕のために道具を創り出した。

また、コミュニティで活動する中で、いつしか言語や文字が生まれた。

学問はこれらの要素がなくては存在し得なかっただろう。

そうしたことで、人間はいつしか知識を追求し始め、物事に根拠や理論すら求めるようになった。

これらの欲求こそ、多くの人々を哲学に魅了する要因なのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

 

人間は社会的な生き物であり、昔から多くのルールが存在している。

あらゆる物や事に存在する意味があって、この社会が構成されているのだ。

例えば、オフィスビルは多くの社員を抱えた会社が効率よく業務を行うためであるし、道路の標識は交通を安全でスムーズにするためだ。

数字を学ぶのは生活の中で損得勘定を会得するものだし、音楽や芸術は娯楽のためである。

哲学は人が生きていく上で、理論だけでは説明が付かない不変の物事を、各々が都合よく理解できる学問なのかもしれない。

なぜ人間は生きていかねばならぬのか、あなたは多くの人が納得できる説明ができるだろうか。

子孫を繁栄させるため?

それなら子を残せない、残さない人間は生きていく価値がないのだろうか。

恐らく、人を含む多くの生物が生きていることそれ自体に意味はないのだ。

それでも「人生は辛く困難なものだ」と、捉える人々は、何かしらの意味を自分の生きている現実に求め、願うものだ。

哲学はそんな迷える子羊たちに生きる勇気や、人間として生まれた価値を見出してくれるのだろう。

マルティン・ハイデッガーは「世界内存在」という概念を用いて、“人は決断で自己を選ぶもの”だと訴えた。

少なくとも、人間一度は物思いにふけったように、哲学的な思考を巡らせる。

言葉を話し、科学を身に付け、幸せを追求する生き物だからこそ、答え探しのように哲学に魅せられるのだ。

-コラム

© 2021 とまブロ!