文章で迷わないために“着地点”を決めておく

こんな方におすすめ!

  • ブログ記事や日記、手紙を書いているとテーマから脱線してしまう人
  • 文章を何となく書いていて、読み直すと不安になる人

 

 

 

文章の中で伝えたいことが脱線する悩み

文章を書く目的とは何でしょうか?

それはずばり、読み手に伝えたいことがあるからでしょう。

しかし、文章の読み手が自分なのか、相手なのかで執筆のアプローチは変化します。

ブログや日々の日記をつけたりと、“いつかの自分”に宛てて書く文章は、妙に淡々としているかもしれません。

逆に、”どこかの誰か”に宛てて書く文章は、やけに説明がかった文章になっている場合も。

最初は「こんなことを伝えたい!」と意気込んだものの、書いている途中であれもこれもと、伝えたいことが山のように増えていく経験はありませんか?

僕はたくさんあります。そして、今でも頻繫に起こります。

人は言葉を話してコミュニケーションを取る生き物です。

当たり前ですが、文章にも同じことがいえます。

伝えたい対象がいて”音”で話すのではなく、”文字”で話すだけの違いです。

音で話すということは発声すること。

声=音は1秒間で約340mの速さを持つといわれ、この速度のおかげでリアルタイムのコミュニケーションが実現できます。

しかし、思考を整理する時間がほとんどないため、人は会話で感情的になりやすいのです。

 

[adsense]

 

それでは文字はどうでしょう。

文字は書き手の書く速さに影響し、書かれた文字は視界の中にあるだけで、読み手の頭に残ります。

文字でのコミュニケーションといえばメールやSNSが挙げられるでしょう。

間接的なやり取りは直接的なやり取りに比べ、文章を読んでから返信するまでの時間がたくさんあります。

だからこそ思考を整理しやすく、冷静でいて論理的な情報を伝えやすいのです。

 

文章において、伝えたいことから脱線するという悩みの正体。

それは、伝えたいことが膨張して感情的になり、文字での会話が追いつかない状態なのです。

 

「何を伝えるのか」ゴールや目標を書いておくことで文章の着地点を決める

例えばメールに置き換えた場合、伝えるべきゴールがあるから【件名】で悩む人は少ないはずです。

つまり記事を書くときは、”タイトルを断片的にでも書く”のがおすすめです。

長い記事の執筆だったり、やり取りが活発化しているLINEやメッセージであれば、自分の目の留まる場所に”伝えたいこと”を書き置きしてみましょう。

そうすることで「本当は何を伝えたいのか」着地点を思い出しやすくなるのです。

アイディアで頭が一杯になっている場合、マインドマップなどにキーワードだけをザックリと書いてしまうのです。

この2つを実践すると、定期的な思考の整理とアイディアの取捨選択ができます。

文章が上手に書けない人は、文章力のクオリティなどを気にせず、伝えたいことを文章にする力を鍛えましょう。

あなたの短所は大きな強みにも変化していけます。

そして、読み手が理解できる文章を書くことが最も大切ではないでしょうか。

 

 

SEO対策の情報把握に『Search Engine Journal』

『Search Engine Journal』について

  • サーチエンジンに関する動向をいち早く公開する海外ニュースサイト
  • 企業向けのマーケッターやSEO対策のコンサルティング会社も注目
  • 情報は入手先がとても大事

 

 

SEO対策の情報を探す際の前提として

SEO対策を行う際、最新のトレンドをいち早く把握するために、SEOの”情報をまとめたウェブサイト=まとめサイト”を探す人は多いはずです。

情報をスピーディーに更新しているまとめサイトはとても便利。

さて、無数に存在しているまとめサイトは一体何処から情報を持ってくるのでしょうか?

 

インターネットの検索エンジンに関しては各社がGoogleのアルゴリズムに依存し、そのシェアもほぼGoogleが独占しているのは有名な話。

優秀なまとめサイトは当然、Googleから情報を仕入れて発信していることでしょう。しかし、全てのまとめサイトがGoogleから情報を取る訳ではないのです。

何故なら、Googleが発信する鮮度の高い情報は基本的に“英語”です。それも専門的な内容で非常に分かりにくい言い回しがあったりします。

果たして全てのまとめサイトがこれを正確に翻訳して載せているのでしょうか?そんなことは運営しているサイト以外、僕らには分かりません。

まとめサイトは情報の網羅性と更新速度の速さで集客することが多いです。

ですが、多くのまとめサイトが競合他社の記事を独自に変えて発信する行為を頻繫に行います。

最後に記事の引用元にGoogleの表記を入れておけば、あたかも情報をGoogleから仕入れてきたように見えるでしょう。

これは調べると分かりますが、まとめサイトがブログの記事をパクって炎上しているケースが山ほどあります。

酷いのはまとめサイト同士でいがみ合い、パクりパクられの応酬を繰り返しながら潰し合っているという構図です。

 

SEOの情報は価値が高いので、正しい情報と良質なコンテンツを発信するまとめサイトが信頼を獲得し、結果的に検索結果に挙がると考えています。

ただ、前記しているような事例もあるので、誰が書いたか分からないまとめサイトの情報は、参考程度の情報と考えるのがおすすめです。

 

[st-kaiwa1]僕がいうのもなんですが、参考程度に考えるべきです[/st-kaiwa1]

 

『Search Engine Journal(サーチエンジンジャーナル)』をおすすめする3つの理由

引用:Search Engine Journal – SEO, Search Marketing News and Tutorials

『Search Engine Journal(サーチエンジンジャーナル)』という海外のウェブサイトが存在します。

このサイトは名称通り“検索エンジン”の情報を取り扱うニュースサイトです。

僕のような素人が発信するSEOの情報よりも、最大手の専門メディアから情報を取るのが一番です。

ここからは個人的にこのサイトをおすすめしたい理由を3つ挙げます。

 

[adsense]

 

【おすすめする理由①】英文がとても分かりやすい

引用:YouTube Rolls Out New Video Comparison Tools for Creators

こちらのサイトはほぼ全ての記事が「DeepL翻訳」や「Google翻訳」などで、十分に理解できるほど分かりやすいのです。

それだけライターさんがザックリした英文で執筆しているのかもしれません。英文が得意な人はさらに理解しやすいかも?

当然、ライターさんによって記事の読みやすさは変わりますが、それでも「DeepL翻訳」+「Google翻訳」の合わせ技で十分読めます。

最近では翻訳ソフトの精度も昔に比べて格段に仕上がっているので、中身を理解するのはそれほど難しくはありません。

 

【おすすめする理由②】誰が記事を書いているかちゃんと明記されている

引用:Roger Montti, Author at Search Engine Journal

投稿されている記事の横には誰がこの記事を書いたのか顔がバッチリ写っています。

アイコンをクリックすると、ライターさんのプロフィールや経歴がしっかりと明記されていて、「Twitter」「LinkedIn」などSNSのアカウントまで確認できます。

 

 

さらにライターさん宛に個別のメールを送ることも可能で、SEO関連の記事を執筆する責任の所在が明確なのです。

 

[st-kaiwa1]ここのライターさんは本当に下手なことが書けないです[/st-kaiwa1]

 

【おすすめする理由③】『全日本SEO協会』の代表 鈴木将司氏もチェックしている

引用:SEOセミナー 全日本SEO協会公式サイト

『全日本SEO協会』は、ウェブマーケッターやSEOコンサルタントが、検索エンジンを利用するユーザーを意識したSEO対策を行うことを目的に、認定試験やセミナーの開催を行っている社団法人です。

SEO協会のYoutubeチャンネルは代表の鈴木氏が、とても分かりやすくSEOの解説をしてくれます。

ITコンサルタントにありがちな“ビジネス横文字”もほとんどなく、ビックリするほど砕けた例え方で、SEOセミナーを行っているのです。

 

 

中々評価はされませんが、僕が勤めていた企業は“SEOのとあるビッグキーワード”で検索トップを取り続ける常連でした。

そんな企業の社員向けSEO対策研修には、必ず全日本SEO協会のビデオ教材があったほど。

だからこそ強くおすすめしたいのです。

 

 

 

SEOに関する情報の流れ方を考えてみる

ここまで『Search Engine Journal』について長々とお話してきました。

そこで本稿をまとめるにあたり、Googleから僕ら一般ユーザーにまで、SEOに関する情報が届くまでの流れ方を簡単に図解してみました。

この図はSEOに関する書籍や、恐らく信頼できるマーケッターのSNS発信を参考に研究しています。

 

[st-kaiwa1]ただし、素人の推測・憶測に過ぎないことだけはご理解下さい[/st-kaiwa1]

 

情報が届くまでの流れ方を考えると、如何に信憑性の高い情報源から知識を得られるかが重要になります。

検索エンジンといえば最早“Google一強”という状態なので、正直なところGoogleから直接情報を入手するのが最善です。

しかし現実問題、Googleが公に出している情報を、一般人の僕らがしっかりと理解するのは少しハードルが高いでしょう。

Google検索で調べれば出てくる程度の内容も、ちゃんと把握しきれていないのは、マーケッターでも専門家でもないからなのでしょうか。

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] 

少なくとも、僕は数多くの書籍を読んできましたが、中々頭に入りません。

お恥ずかしい話で、SEOライティングは身体に自然と染み付き、脳ではあまり理解できていないのが僕です。

だからこそ、理屈でSEOの課題を解決しようと、ウェブマーケッターをフォローしたり、まとめサイトや企業のブログ記事を読んだりもします。

きっと僕と似たような方はいるはず。

いつの世も困ったときに解決してくれるのはその道の専門家たち。

それならば、Googleからの情報は直接的に理解できなくとも、明確な2次ソースにあたる『Search Engine Journal』や『全日本SEO協会』など、信用できる情報源から知識を得るのが大切ではないでしょうか。

マーケッターやまとめサイトが専門家ではないとはいえません。

ただ、川と同じように上から下へと流れる情報は、多くのメディアというフィルターを経て、僕らのもとまで流れつきます。

フィルターの数が多いほど、伝言ゲームのように真実が脚色されていくものです。

 

 

まとめ

SEO対策の情報を把握するなら『Search Engine Journal』はしっかりと読んでおきたいところ。

ただ検索エンジンのアップデート情報などを確認する程度なら、まとめサイトでも十分です。何故ならコンサルタントのように脚色があまり入らないからです。

今後どのような対策を練れば良いのか、戦略的に考えるのなら『Search Engine Journal』や『全日本SEO協会』を利用してみましょう。

中々突っ込んだ内容なので、お問い合わせフォームからのご意見もお待ちしております。

 

◇ 参考URL

Search Engine Journal – SEO, Search Marketing News and Tutorials

YouTube Rolls Out New Video Comparison Tools for Creators

Roger Montti, Author at Search Engine Journal

SEOセミナー 全日本SEO協会公式サイト

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] 

『Shodo(ショドー)』人工知能が文章や原稿を自動で校正

『Shodo(ショドー)』とは?

  • ブログ記事からLP(ランディングページ)までAIが校正
  • ブラウザーから使用できるのでインストール不要
  • ワークフローを把握しやすく、さまざまなアプリと連携

 

 

『Shodo(ショドー)』は文章の校正やプロジェクト管理を統括するプラットフォーム

 

『Shodo(ショドー)』を開発したのは「自走プログラマー: Pythonの先輩が教えるプロジェクト開発のベストプラクティス120」や、「Pythonエンジニア養成読本: いまどきの開発ノウハウ満載!」など、技術的な著書の執筆に携わる現役プログラマー、清原 弘貴氏です。

清原氏はPython言語を用いた機械学習のプロフェッショナル。

当サービスの開発意図について、清原氏は下記のようにコメントしています。

今、本当に集中したい仕事は何でしょう?

それは僕たちの創造性を発揮するクリエイティブな活動そのものであるはずです。

原稿や記事の執筆、マーケティングコンテンツを作成する仕事はよりアートに近いものになれると僕は信じています。 その他の雑多な管理や作業、単純な校正やニュアンスの指摘などはすべてソフトウェアや自動化により解決されるべきです。

そのためにShodoを開発しました。

なにより、私、Shodo代表の清原自身が必要だったからです。仕事のプロジェクト内でマーケティングをする際に、記事の執筆や校閲のフローに悩んでいました。 また、仕事で本を執筆する際のやり取りに多くの無駄を感じていました。

それら仕事を分析してみると、記事の管理をする仕事や、レビューを依頼するフローの管理に多くの時間が使われていました。 レビューのフローも既存のツール5個や6個と使って独自に作られたものでした(記事や本の執筆の現場でよくあることだと思います)。

レビューコメントでも、自動で校正チェックできるレベルのものがたくさんありました。校正ツールを適応するにしても、別途校正をする手間があり面倒でした。

それらを解決して目の前の執筆に集中できるようにShodoを開発しました。

その結果、今のShodoができ、クローズドベータ、オープンベータとしての公開に踏み切りました。 記事や原稿の執筆、マーケティングコンテンツの作成はもっともっとクリエイティブになれるはず。

クリエイティブになるためには、余計な作業を効率化しないといけません。

自動化しないといけません。AIを活用したり、うまくシステム化しないといけません。

あなたの執筆する仕事をクリエイティブに、アートにするために、ぜひ、Shodoをご活用ください。

Shodo(ショドー) – いまこそ、執筆を変えるとき。記事・原稿の執筆・レビュー・校正プラットフォーム

執筆作業を助けるはずのツールには、煩雑な作業やプロジェクトの管理など、クリエイターにとって創造性を阻むかのようなプロセスが多いのが現状です。

特に文章など簡単な校正であれば、ソフトウェアによって自動化されるべきであり、質の良いコンテンツを創るためには、執筆者が作業に集中できるインフラ整備は必要不可欠でしょう。

 

 

この懸念点は多くのライターを悩ませるタネですが、今までは当たり前のプロセスでした。

当サービスをリリースした清原氏自身は、なおさらこの問題と向き合っていたのでしょうか。

2021年2月4日時点でオープンベータ版のサービスですが、無料で利用することが可能です。

 

『Shodo(ショドー)』の機能性

『Shodo(ショドー)』は書き手が集中して執筆作業を行うサービスです。

つまり、使い方も非常に簡単でなければなりません。

具体的な機能に関しては、タスクの管理機能表記ゆれチェック、プロジェクトの共有など、チームの共同作業を主とした機能群が網羅されています。

当サービスが正式なローンチを迎えるころ、これらの機能に加えて+αで新しい機能が追加されるかもしれません。

[st-mybox title=”『Shodo(ショドー)』の機能” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#81d742″ bordercolor=”#81d742″ bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 《新しく執筆する》
  • 《Slackとの連携》
  • 《組織にメンバーを追加》
  • 《フォルダー作成》
  • 《表記ゆれ・用語の設定》
  • 《プロジェクト別のアクセス権》

[/st-mybox]

 

[adsense]

 

基本的な使い方について

個人ブログの執筆で利用する場合には《新しく執筆する》《フォルダー作成》《表記ゆれ・用語の設定》と、3つの機能しか使わないかもしれません。

《新しく執筆する》を選択すると、【すぐに執筆】【あとで執筆】【まだアイディア】の3つのパネルが表示されます。

これらはタスク化を行ったりコメントを残すことで、アイディアを一時的に書き溜めておけます。

登録したメールアドレス宛にタスクの期限と進行を知らせるメールを送ることも可能。

また、現状では“はてなブログ”との連携も可能で、執筆した記事を簡単に共有する機能も用意されています。将来的にはWordPressとの連携も考えられるでしょう。

目的別にパネルを選び、執筆するテーマなどをメモしておきます。複数のテーマを取り扱う場合、カテゴリーごとにフォルダーを作っておけば、管理も共有も簡単です。

この画面ではテーマを執筆する担当者や評価を行うレビュアー、執筆作業のタスク期限を決められます。

【すぐ執筆する】をクリックすると、早速エディターの画面に移り変わります。上記の画像は既に執筆されている状態のものなります。

エディターはライターの執筆する文章に合わせて、単語の意味や指定されたルールに準拠しているかを自動で判断してくれます。赤色の「_(アンダースコア)」は該当箇所になっています。

上記では“表記ゆれ”についての指摘を人工知能が行っています。

また、表記ゆれについては事前にルール設定が可能ですが、こちらでは1~2つ程度しか項目を変えていません。

エディターの右上にある【スプリントする】は、自動校正を時間単位でOFFにすることで、ユーザーが思うがままに文章を書き綴るという機能です。

エディター左側のメニューから、校正ルールの変更・表記ゆれ・レビューといった主要機能に直接アクセスできるのは便利です。

流石は現役プログラマー。ユーザー・インターフェースはシンプルで無駄がなく、誰が見ても非常に分かりやすい設計がされています。誰が使っても直感的に利用できると思います。

校正機能の精度については全く問題ないレベルです。文章校正用の国産ソフトウェアは市販されている製品が多数存在しますが、お世辞にも使いやすいとは言えません。

正直なところ、誰でも使いやすいというメリットに勝るものはないと考えています。

 

『Shodo(ショドー)』の開発者について

本サービスの開発者こと清原 弘貴氏は、機械学習のプロフェッショナルです。

『Shodo(ショドー)』の高い完成度を見ても、とても個人で創り上げたサービスには思えないほど優秀。しかしながら、専門書のトピックを執筆する以上、その技術は疑いようのない事実でしょう。

清原氏が今後どのようなアプリケーションやサービスをリリースしてくれるのか楽しみです。

「Make組ブログ」では、アプリケーション開発や新規WEBサービスの立ち上げを考えている人の参考になりそうです。プロのエンジニアが経験や課題を発信しているのは大変貴重な情報でしょう。

昨今では、企業の資金力で大々的なサービスを打ち出す時代から、個人や少数でベンチャーキャピタルやインフルエンサーの支援受けたり、個人間のコラボレーション的なプロジェクトでヒットを飛ばす時代になりました。

そんな時代の中、伸び率が特に高い“機械学習”の分野はIT企業から引っ張りだこと言われています。

結果的に、クリエイターが創造性を働かせやすい環境整備は進みそうな予感です。

 

[adsense]

 

まとめ

今回紹介した『Shodo(ショドー)』は、個人ブロガーからメディアブログの執筆をしている人まで、幅の利かせた運用が想定できます。

しかも高価な校正ソフトウェアを導入する必要がなく、チーム間でのプロジェクト共有や校正ルールの設定も非常に簡単です。

ウェブライティングのこれからを支えるようなサービスの発展に期待が高りますね。

 

◇ 参考URL

Shodo(ショドー) – いまこそ、執筆を変えるとき。記事・原稿の執筆・レビュー・校正プラットフォーム

Make組ブログ